FC2ブログ
 

出張療法師の奮闘日記痛みで悩む方々を助けたい一心で毎日フットワークを生かしてがんばってます。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

私の第二の人生はCさんとの出会いに始まった

   ↑  2008/03/01 (土)  カテゴリー: 出会い
話は2005年10月に遡る。

Cさんとの出会いのきっかけははあるインターネットである。
インターネットが普及して私たちは世界中の人たちと交流できるようになった。
私はその恩恵を被っている者の一人である。

私がまだ自分が変形性股関節症とは知らずに苦しみもがき、
自分で自分の病気のことを知りたい一心であらゆる情報を得ようと
躍起になっていたころのことである。

ある股関節専門の病院のHPの掲示板が目に留まった。

そこには自分と同じ股関節の痛みを持つ人たちの悩み、
また、それに対し、その病院の医師や手術経験者のアドバイス、
手術を迷っている人たちの疑問、不安などが書き綴られていた。

私もこれを活用してみようと思い、
思いきって、初めて、
その掲示板に自分の疑問や不安、悩みを
書き込んでみた。

そして、それに対し、真剣にアドバイス、情報を下さったのが・・・、

Cさんだったのだ。

もし、このCさんに私の記事に対して書き込みをしていただかなかったら、
病気とは縁遠っかった私は、おそらく、「セカンドオピニオン」など
頭の片隅にもなかったであろう。

今頃、最初に受診した股関節専門医の言われるままに
人工股関節手術をしていたのかもしれない・・・・・・。

私は掲示板でCさんにセカンドオピニオンの重要性をアドバイスしていただき、
また、いろんな病院や専門医の情報をいただくこともできた。

そのCさんのアドバイスがあったおかげで
私は自分が納得できる先生を探すために
病院巡りをする行動を起こすこととなったのである。。

私は最終的に手術を決めたのは6人目のY病院のI先生だが、
6人中4人の先生が「人工股関節已む無し」の診断だった。

そして、Cさんお勧めの先生が5人目の先生で、
今も定期的に診断を受けているF病院のO先生だが、
その先生からもI先生の手術を受けることを後押しされたのである。

だから、私がこのPSTに出会うきっかけもこのように遡っていくと
大元はCさんであるといっても過言ではないだろう。

I先生とO先生とのつながりがあったことは
私にとっては手術を決意した理由の一つだったからだ。

骨きり手術ではなく、人工股関節置換手術を選択していたら、
私の今はなかったと思う。

Y病院での手術による長い入院、リハビリがあったからこそ、
私は人生を考え直す機会も与えられ、

また、Y病院でお世話になったヘルニアで悩むTさんの存在も
私がこの療法を身につける考えを起こす弾きがねとなって
いるからである。

だから、私とこのPSTとの出会いはけっして偶然ではないのだ。

出会うまでには目に見えない、
私の想像の及ばない様々な出来事が
複雑に絡み合っているのである。

「人生出会いで決まる」とはよく言ったものだ。



前置きが長くなってしまいました・・・・・・、



今日はこのCさんを施術させていただいた。

Cさんもほぼ同じ位の時期に股関節の骨きり手術(RAO)をされている。

お互いの術後に一度お会いしてから1年半ぶりでの再会だった。

今週、私がこの療法の仕事をするようになってから初めてメールしてみた。

お互いの近況を報告しあう中で、私が仕事を変えたこと、
痛み取りの施術を身に着けたことを伝えると
是非一度施術を受けてみたいということで
早速、今日、施術することなった訳である。


Cさんも術後、元気に仕事にも復帰されていた。

しかし、術側の右脚の筋力が
まだまだ充分に元に戻っていないとのことだった。

術側の中殿筋、大腿直筋、長内転筋にかなりの緊張があった。

PSTの特徴を理解していただくことから始め、
体全体のバランスを取ってから
股関節回りの緊張を取る手法を試みたが、

腹屈の姿勢での
左右の可動範囲の差については
あまり改善はなかった。

術側が曲がりにくく、痛みが出てくる。

その原因を
大腿直筋の緊張が取り切れていないことにある、と疑ってみて、
大腿直筋を緩める手法に切り替えてみた。

これが見事に功を奏した。

腹屈動作が楽になったとのことだった。

痛みのある部分だけに固執せず、
他の部分にも原因を探ることの大切さを学んだ日であった。

施術後は股関節の重だるさがなくなって
「軽くなったぁ~!」と嬉しそうに答えてくださった。

劇的な改善は見られなかったものの
確実に施術後の変化があったことは

Cさんの今後の改善の期待にもなり、
私の励みともなった。



私にとって生涯忘れられないCさんへ、

これからもずっと、ずっと、
生きた骨が与えられていることを共に喜び、感謝しつつ、

股関節をいとおしみながら、お互い頑張っていきましょう!

Cさんの股関節の痛み取りは、今後は私が引き受けますからね~!



スポンサーサイト

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-7.html

2008/03/01 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : 顔面強打後の首痛解消!
この前の記事 : 股関節の痛みが30分で解消!

Comment

コメントを投稿する 記事: 私の第二の人生はCさんとの出会いに始まった

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
この次の記事 : 顔面強打後の首痛解消!
この前の記事 : 股関節の痛みが30分で解消!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。