FC2ブログ
 

出張療法師の奮闘日記痛みで悩む方々を助けたい一心で毎日フットワークを生かしてがんばってます。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

股関節の定期健診に行って来ました

   ↑  2008/02/26 (火)  カテゴリー: 股関節痛

右股関節も全く痛みはなく、順調ではあるけれども、
一応、用心のために定期的に
病院の股関節専門医の先生に診てもらっている。

また、自分の股関節が悪くなっていないという感触をつかむためでもある。

専門医の診断ではレントゲンを撮り、
軟骨の状態を検査したり、
股関節の可動域を毎回検査してもらいます。

「この動きが悪いと実際の動作の時に
どういう影響が出るのか」など、具体的に質問もします。
そうすると先生はこと細かく説明をしてくださるので
とても勉強になります。

西洋医学的には自分の股関節の状態の場合には
どのような診断をされるのか知っておくことは

施術家としても股関節症の方々に説明するときの
情報としてとても大切になってくるのでいろいろ質問もします。

せっかく、お金を払って診て貰うのだから
手ぶらでは帰らないぞ、くらいの気持ちで
いつも質問しています。

こんなにいろいろ質問する患者は
普通はうるさがられるかもしれないけど・・・。

先生はいつもニコニコ顔で丁寧に真剣に説明してくださり、
ご自分でも具体的に動きを見せてくださるし、
本当に尊敬できる先生です。

この先生は手術は出来る限りしないがよいと
言っておられる先生でとてもリハビリに力を入れておられます。

PSTと共通するリハビリのやり方も中にはあるので、
そう意味でも西洋医学のリハビリとPSTの共通部分もあるのです。 

・・・ということはPSTの施術内容は 西洋医学的にも正しいことの証明ではないか! 

施術家としても変形性股関節症の専門的な知識を持っておくことは
大切だと思うので、定期的な通院は今後も続けていくつもりである。

西洋医学では「○○というふうに診断して、
○○のようなリハビリをするのか~、
でもそこの部分はPST的には△◇だな~。

そのリハビリのやり方に代わる部分は
PSTの施術ではこれをすればいいな~」とか、

とても有意義な定期健診でした。

スポンサーサイト

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-4.html

2008/02/26 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 股関節の定期健診に行って来ました

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。