出張療法師の奮闘日記痛みで悩む方々を助けたい一心で毎日フットワークを生かしてがんばってます。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

膝の痛みも1回の施術で完全消失!

   ↑  2010/01/11 (月)  カテゴリー: 膝痛
小6のサッカー少年。

両足均等に体重を乗せての屈伸運動では痛みは出ないが、左足一本に体重を乗せ、曲げたときに痛みが出るという症状。

具体的には右足でキックをしようとするときに痛みが出る、立ったり、座ったりするときの膝の曲げ伸ばしで膝の奥に痛みが出るとのこと。

近くの接骨院では、膝の軟骨が擦れて痛みが出ているのではないかとの診断だったらしい。

だとしたら、何故両足の屈伸運動では痛みが出ないのか?

まず、入念に下肢の緊張を探す。

目ではあまり左右差は感じられなかったが、触診であきらかに左膝裏に硬い部分があった。

ふくらはぎの膝に近い部分にも張りの強さがあった。

膝のお皿の動きも左が鈍いし、硬い。周辺一体にに緊張がある。

以上のポイントを見つけた後、体全体のバランスを整え、腰、背中の緊張をとり、股関節前側の張りも気になったので取る。

その後、膝周辺の緊張を取る施術に入ったが、チェック前より緊張が緩んでいた。

一通り、膝の手法を行い、立って、痛みの出ていた動作をしてもらうと、それまで訴えていた痛みの場所とは違う膝蓋下の頸骨粗面部が痛むとのこと。

施術前にも強く押すと痛いと訴えていた部分ではあったが、膝周辺の緊張が取れたことでその部分の痛みがよりクリアに感じられるようになったのであろう。

オスグッドの手法を行うと施術前の動作での痛みは完全消失。

「すげぇー!」

施術終了後の少年の開口一番の喜びの声が、痛みからの解放を物語っていました。

痛みの原因は膝の軟骨が擦れて痛みが出ていたのでは無かった。膝周辺の異常緊張が原因でした。


スポンサーサイト

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-32.html

2010/01/11 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 膝の痛みも1回の施術で完全消失!

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。