出張療法師の奮闘日記痛みで悩む方々を助けたい一心で毎日フットワークを生かしてがんばってます。 

このページの記事目次 (カテゴリー: オスグッド

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

膝の痛み、原因は大腿直筋の異常緊張

   ↑  2008/06/08 (日)  カテゴリー: オスグッド
ブリッジの姿勢から起き上がる時に痛みが出るとのことで
連絡を受け、出張した。


屈伸運動では痛みは出ないが、体を海老のように反らせた体勢から
起き上がる動作、また、腕立て前方転回の着地後上体が起き上がる時に
膝に痛みが出るという症状である。

オスグッドの症状もあるので一通りオスグッド改善のための施術を行い、
最後に関節のズレに問題があるのではないかと予測を立て、
動作○○を試みてみた。
その日は痛みは消えたようだとの感触だったが・・・。

しかし、翌日の練習ではまた同じ動作で痛みが出たとの報告を受けた。
関節のズレが原因ではなかったようだ。


師匠にその状況を報告すると
膝周辺の緊張が残っている可能性があるので
膝周辺の緊張を一通り取った後、○○してみて、
○○の緊張○○法を施してみることとの助言を受ける。

5日後、再度出張の依頼を受け、早速、師匠の指導を実践してみた。
大腿直筋の緊張が前回より更に取れていることが触診で実感できた。

これが完全に緊張がとれた状態かぁ・・・・。

少年の訴えていた動作時の膝の痛みは
この緊張が原因であったとを確信した。

その後の練習では痛みなく、施術の効果がバッチリで、
調子がよく良い練習が出来たとの報告をいただいた。

やった!痛みから解放された連絡を受けることに
喜びを感じる。PSTをやっていて良かった!

痛みの原因は一つだけではない。
型どおりの施術だけでは太刀打ちできないことを知らされた日であった。

痛みはその原因が複数絡み合って、症状として出てくることが多い。
原因は何か?PSTは原因を突き止めることが出来ればあとはそれに
応じて効果のある手法を施すだけである。

原因を探ること、これが一番難しいが、原因さえつかめば、
痛みは確実に取れる。それがPST(無痛ゆらし療法)である。

PSTというすばらしい療法を携えて、明日もがんばるぞ~。

オスグッドの痛みもその場で解消!
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-13.html

2008/06/08 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

オスグッドの痛み2回の施術でほぼ消失

   ↑  2008/05/03 (土)  カテゴリー: オスグッド
器械体操をやっている中一の男の子。
ジャンプすると痛みが出る。
着地時に最も痛みが強いとのこと。

膝回りの緊張を取る手法をいくつか施し、屈伸しても痛みが出なくなるが、
ジャンプするとまだ痛みが残っていた。

数日後、膝の腫れも引き、痛みが小さくなったとの報告を受ける。
1回の施術で効果が出た。

1週間後、2回目の施術。2回目は体全体のバランスを整えることを
優先して、施術を行った。膝の痛みをカバーしているせいか、
股関節のズレも確認したのでまずそれを修正。

その後、膝周辺、大腿部、ふくらはぎ、前脛骨筋など、
下肢全体の緊張を取り、最後に膝を伸ばす時に痛みが
出るとのことで膝関節の○○○○で関節の位置修正。
これでほとんど痛みはなくなった。

数日後、それまで控えていた器械体操の練習も
普通に行うことが出来たと喜びのメールをいただいた。

それにしても、たった2回の施術でここまで回復するとは
施術した私にとってはこの上ない喜びである。
施術家冥利に尽きる。

この療法は人間の治癒力を最大限に引き出す療法である。
私はその手助けをしたに過ぎない。

こんなすばらしい療法があることを
もっともっと世間に認知されてほしいものだ。

成長期の活発な時期に、「運動するな!」は酷だ。
根本原因を取り除くことで痛みは改善されるのである。

オスグッドだからといって諦めることはない、
運動は可能なのである。

オスグッド病は、膝周辺の'筋肉の異常緊張が原因で起きる。

スポーツが好きで積極的に動く。
使いすぎて、緊張が起こる。

そして、痛みが起きる。

だから、緊張をとり去ることができれば、
痛みはその場で消え、膝は快方に向かうのです。

オスグッド病の構造は、

筋肉の使いすぎ
    ↓
膝の筋肉の異常緊張
    ↓
神経圧迫
    ↓
脳がそれを察知
    ↓
「もう使うな」というメッセージとしての激痛

というものです。

したがって、オスグッド病への対処は、
まず筋肉の緊張を取ることから始めます。

そうすれば、神経圧迫は解け
痛みは大きく軽減されます。
参照⇒http://www.pst-sharom.com/index.php?%A5%AA%A5%B9%A5%B0%A5%C3%A5%C9%A1%A6%C0%AE%C4%B9%C4%CB


※PSTに興味をもたれた方は「恵比寿療法院やすらぎ」のホームページへどうぞ!
http://www.pst-a.com/school1.html

FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-11.html

2008/05/03 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。