FC2ブログ
 

出張療法師の奮闘日記痛みで悩む方々を助けたい一心で毎日フットワークを生かしてがんばってます。 

このページの記事目次 (カテゴリー: 首痛

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

首の痛みの原因はテレビの位置?

   ↑  2010/02/17 (水)  カテゴリー: 首痛
51歳男性。首痛。

朝起きたら、首が回らない、寝違えたのかもしれないが、
いつもはピップエレキバンを使えば数日で痛みがなくなってしまうが、
今回は2週間たっても取れないということで施術の依頼を受けた。

痛みの原因として考えられることを聞いてみたが、
これといって原因は分からないとのこと。

右側を向くと痛い。左側を向いても痛みは出ない。

「一方方向にだけ痛みが出る」という訴えから、
これは何らかの偏った習慣があるに違いないと思い、
いろいろ、お話を伺ってみた。

毎日見ているテレビの位置に問題があることが判明。

痛みの原因は同じ筋肉を使い続けた結果による異常緊張だった。

体全体の緊張を取った後、問題の首の施術をしたが、
一方向の筋肉の収縮の持続による緊張からくる痛みであるため、
数分の首の施術でほぼ痛みは取れた。


リビングのソファの位置、テレビの位置を確認したところ、
座った位置から常に右側を向いてテレビを見る習慣が
あることで、右側の僧帽筋に負担を掛け続け、
常に緊張している状態になっていることが原因であると説明した。

また、ソファに座っている時の姿勢についても細かく聞いてみると、
右腕をソファの背もたれに右肘をかけて見る癖が
あると言う。これもかなりの負担が首に掛かかる。

その他にも足を組む癖もあるとのことなので、それも止めるよう指導した。

リビングの形状の都合上、テレビの位置を変えることは難しいと言っていたが、
リビングの見た目の良さや使い勝手を優先させるか、
自分の体の健康を第一に考えるかの問題ですね、と一言アドバイスした。

翌日、ご家族とも相談してさっそくリビングの家具の位置を変え、
テレビを常に正面で見れる位置にしたのこと。


それ以来、1か月になるが、首の痛みは出なくなったと報告を受けた。

日常の何気ない、無意識の習慣が体に無理を掛けていないかどうかを再点検すること、
これをする、しないが、痛みを出さない体にできるかどうかのカギでもある。






スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-33.html

2010/02/17 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

首、肩、背中の痛み2回でほぼ解消!

   ↑  2009/11/08 (日)  カテゴリー: 首痛
首が回らない、起きあげるときに首が起こせないという症状の主婦Sさん。



お邪魔した時は横を向くのもままならない、体全体を捻らないと左右が見れない、
そんな感じでのお出迎えでした。

昼間に整骨院へ行ってみたけど全然よくない・・・、とのこと。


まず、体のバランスチェック。背骨がかなり左に湾曲、左側の緊張が著しいのが一目でわかる。
体幹を整え、首を念入りに施術。

首、肩、背中の緊張を取るもまだ、首を起こす時の痛みは取れなかった。

一回目はそれで終了。体がとても楽になったとのこと。


1日空けて2回目の施術。

背中全体の緊張もかなり取れていた、背骨の歪みもほとんどなくなっていた。

前回同様全体のバランスを整え、首の施術。首の前側がかなり緊張している。

特に左前。そこに狙いをつけ、いくつかの手法を試みる。
2つの手法でほぼその緊張は取れた。

残るは首を起こす時の痛み。

筋肉の深いところに頑固な緊張があると推測。

最後の手段として思い切って○○法をやってみた。

「あれ?起き上がれる。ヤッタぁー!」 とSさん大喜び!

首もよく回る。ものの数秒である。

人間の体の反応は面白い。








FC2スレッドテーマ : 健康 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-30.html

2009/11/08 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

4日間苦しんだ首、背中の痛みも1回の施術で解消!

   ↑  2009/09/15 (火)  カテゴリー: 首痛
高校1年 男子 サッカー

4日前のゲーム中、相手選手と激しく接触。
後ろから激しくぶつかられ、転倒した際に痛めたと思われる。

首と背中に激痛が走り、首が右側に倒せない、胸を張ると背中が痛い、
体を丸く前にしていないと痛みが出てしまい、思うように動けない。
背骨も痛い。



そんな不自由な状態が4日間も続き、この日は施術を受けるために練習を早退したとのこと。

まず、全身のバランスチェック。

左広背筋が、異常に膨らみ、硬くなっているのが目で見るだけでわかるくらい緊張している。
その緊張のせいで背骨も曲がっていた。

4日間もこの状態はさぞきつかったであろう。


うつ伏せのまま、背中、腰部、全体の緊張を確認。

一通り、○○を行うだけでかなりの緊張が取れたのが確認できた。

最後にピンポイントで緊張の残っている部分を○○し、
再度、体全体を観察すると、施術前の左広背筋が平らになっていた。

立って、首を右に傾けても痛くない。回しても痛くない。
胸を張っても背中に痛みが出ない。

だんだんと顔に笑みが戻ってきた。
腕を振っても、肩を回しても、首を回しても何ともない!

背骨の痛みもなくなっていた。背骨への施術はほとんどしていない。

痛みの原因は異常緊張である。

筋緊張が取れただけで、4日間の苦しみがわずか30分程度で解消!

施術前の暗い顔が一変、

「Y君、満面の笑みをありがとう!」



FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-29.html

2009/09/15 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

首、背中の痛みも2回で完全消失!

   ↑  2009/07/12 (日)  カテゴリー: 首痛
昨日、今日と二日続きで首、背中の痛みとりの施術をしました。

バスケットボール部所属の女子高生。


昨日のお昼ごろ急に背中が攣りそうになり、ストレッチをしたが、

一向に良くならず、整形外科を受診。

MRIを撮り、骨には異常なし。痛み止めの薬とシップをもらって帰ってきたとのことだった。

腰痛もたびたび起きるとのことだったが、原因はよく分からないとのこと。

練習のしすぎかな、程度に考えてているようだったが、腰の張りもかなりあったので、

体全体のバランスを整えてから、首の施術に入った。

しかし、首は少し揺らすだけでも痛みが出て、顔をしかめる表情を見せた。

何もしていない普通の状態の時にそのような症状が出るということがあるのか?

病院ではウイルス性の病気の疑いもあると言われたらしい。

しかし、1日目の施術で背中の痛みはほぼ取れたものの首は相変わらず痛いまま。

緊張はかなり取れているはずなのに、首が曲がらない。横も向けない。

しかし、施術前と比べて50パーセントくらいは痛みが和らいだとの言葉に

一筋の希望の光を見た。

明日も続けて施術をしたほうがいいということを告げ、明日の予約を取り、帰宅。

痛みがあるうちはなるべく続けて施術sるほうが効果は絶大なのだ。

一晩、施術を振り返り、何が原因かを考えながら迎えた今日の施術では、

軽く曲げるだけでも痛い首に対して、思い切って○○法を試みてみた。

それが的中!ものの数分で痛みがほぼ完全消失。

曲がらなかった首が曲がり、上下、左右、すべての方向に曲がった!

本人も心配そうにそばで見ていたお母様にも笑顔がほころんだ!

思わず、私もガッツポーズ!

やりました!

「明日はバスケットボールの練習しても大丈夫ですか?」の質問に、

「もちろんです。痛みがなければ、何しても大丈夫ですよ。」と答えた。

嬉しそうな笑顔をお土産に彼女の家を後にしました。

お母様、駅まで送迎有難うございました。

車内でのおしゃべりも弾んだのは言うまでもありません。

また一人、スポーツのできる喜びの手助けをさせていただくことができたPSTに感謝!






FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-28.html

2009/07/12 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

顔面強打後の首痛解消!

   ↑  2008/03/03 (月)  カテゴリー: 首痛
10日ほど経っているが首に違和感が
残っているという方を施術させていただいた。

顔面をぶつけたときにかなり首に力が入ったと思われる。

打ったのは左の目の上、
首の付け根から僧帽筋にかけて強い緊張が残っていた。

症状を訴えているのは首だったが、
全身の歪みを検査すると

本人は体をまっすぐにして寝ているつもりでも
下半身は右に曲がっていたので
体の筋肉の緊張の左右差があることを予測し、
背骨、骨盤、股関節の修正をおこなった。

施術の際、腕、肩に力が入りやすい方だったので
日常生活の中でも普段から力を抜く習慣をつけることの
大切さを話させていただいた。

自転車に乗る機会も多いとのことだった。

それが僧帽筋の緊張の原因の一つかと思われたので、
どんな姿勢で乗っているかをチェックすると
やはり、肘を持ち上げた状態でハンドルを握っておられた。

自転車に乗るときに肩の力を抜いて、
肘を下げるようにしてハンドルをつかむようにしてみることなど、
自転車に乗るときの姿勢などもアドバイスさせていただいた。

施術終了後は体の曲がりもなくなって
まっすぐ寝られるようになった。

首の違和感もなくなった。

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-8.html

2008/03/03 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。