出張療法師の奮闘日記痛みで悩む方々を助けたい一心で毎日フットワークを生かしてがんばってます。 

このページの記事目次 (カテゴリー: 捻挫

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ギブス固定の後遺症?

   ↑  2010/05/22 (土)  カテゴリー: 捻挫
2週間前に左足首を捻挫し、整形外科でギブス固定をし、
外したばかりの中学生を施術した。

ギブスが取れても、腫れが十分引いていない、
痛みもまだ、かなり残っている。

「明日から修学旅行なので何とかならないでしょうか」ということで
そのお母さまから施術の依頼を受けた。

その日会った時は、踵が付けない状態で左足を庇いながら
左つま先と右足だけで歩いていた。(体重は左には乗せられない)

左足首を触ると、カチンカチン。
2週間でこんなに固まってしまうのか~?


もちろん左足首は固くて回せない。

足首の緊張を取らないことには足首も回せない。
とりあえず、痛みが出ない程度に小さく揺らしながら
足首全体に○○して、緊張を取った。

緊張が取れてくると徐々に足首も回せるようになってきた。
施術開始直後は少し、足首を可動させただけで痛みを訴えていたが、
足首が回せるようになったときには初めの痛みはほとんどなくなっていた。

足首が回せるようになったので、
今度は足首の可動域を確認しながら、
痛みの状況を聞いていくと
痛みの出る場所がくるぶし周辺の圧痛に絞られてきた。

そうなると狙うポイントも絞られてくる。
ここからが、腕の見せ所。
一つ一つの痛みを本人に確認しながら、取っていく。

○○でくるぶし周辺の圧痛を取っていく。
一つずつ処理して、圧痛も無くなった。

そのころにはあれだけ回らなかった足首が
大きく回せるようになっていた。

そばで見ていたお母さんが、
「ずいぶん、回るようになったわね~」と
驚きの表情を浮かべている。

そのあと立って痛みを確認。(A:私 B:少年)

A:「両足で体重を均等に乗せてみて。痛みはありますか?」

B:「痛くないです。」

A:「じゃ、試しに左足だけで立てるかやってみて。」

 (おそるおそる、右足を浮かせてみる・・・。)

B:「あっ、痛くないです」

A:「かなり、良くなりましたね」

B:「でも、アキレス腱を伸ばすと痛いです。」

A:「じゃ、痛みが出ない位置まで戻してください」

(アキレス腱に○○を施して)数秒後、

A:「痛みはどうですか?」

B:「あっ、痛くないですね。あっ、でもここまで足首を曲げると痛いです」

A:「じゃ、また少し戻してください」

 (また数秒間○○をした後・・・)

A:「これで、どうですか?」

B:「あ~、ちょっとまだ、違和感はあるけど、痛くないです。」


A:「じゃ、もう、踵を付けて歩けますね。その場で足踏みしてみましょうか」

A:「イチ、ニー、イチ、ニー、そう、そう、その調子」

A:「大丈夫ですね~(^o^)、じゃ、ゆっくり歩いてましょう」

B:「あー、かなり、いいです。朝とは全然違います。」

(と言いながら、歩いてます)


捻挫もギブスをはめてしまうとたった2週間で
ふくらはぎの筋肉も左右差が一目で分かるほど細くなる。

また、痛みは無くなっているはずなのに足首を庇う間違った動作が習慣になっている。
間違った習慣を脳が記憶しているからである。

その解説をしただけで歩き方がグーンと良くなった。


一言で言えば、「脳の記憶違いを正す。」

ただ、この一言に尽きる。

これがこの療法のなのである。
























スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-34.html

2010/05/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

2回の施術で捻挫の痛みがなくなったバレーボール高校生から体験談をいただきました

   ↑  2009/07/09 (木)  カテゴリー: 捻挫
わずか2回の施術で捻挫の痛みがすっかり取れ、受傷後1週間目の試合ではエースアタッカーとして大活躍。その高校生から、嬉しい体験談メールをいただきました。





私は引退試合の1週間前に捻挫をしてしまいました。

試合は1週間後とは言っても、その前に少なくとも1回は練習にでることを考えると、
実質4、5日でほぼ完治させる必要がありました。

まともに足を着くことができないほど痛く、腫れていましたので、
正直、これで終わってしまうのだと覚悟しておりました。

そんなとき、以前捻挫したことのあるチームメイトから先生のことを紹介してもらい、
この先生に頼るしかない、と思い、施術をお願いすることにしました。

初めて先生とお会いしたとき、やさしそうな方だなと思いました。
実際施術中も、一緒にお話ししているときもやさしく、
人情味あふれる方でしたので、安心してお任せすることができましたし、
何より先生と一緒にいた時間はとても楽しかったです。

1回目の施術を受ける前は歩くことなど到底できませんでしたが、
施術後、驚いたことに普通に歩けるようになりました。

腫れもほとんどひき、痛みも8割方なくなっていました。
ただ、可動域は怪我前の半分ほどでした。

結局、2回目の施術で完治し、ジャンプまでできました。

正直驚きました。

まさかものの3、4日で完治するとは…。

家族も大喜びでした。

あの施術のおかげで、引退試合ではエースとして存分に暴れることができました。
先生には本当に感謝しております。

もし先生の施術を受けていなかったら…
おそらく引退試合に出ずして引退することになっていたでしょう。

施術そのものの感想を申し上げますと、
まず先生は絶対に痛みを伴うことはなさらないので、
終始安心できて良かったです。

しかも心地よさのあまり眠ってしまいそうにもなりました。
とにかく力ずくでどうこうするわけでは全くなく、
とってもクレバーな理論のもとに成り立っている施術です。

その理論を詳しく、わかりやすく教えていただけたのも嬉しかったですし、
とても勉強になりました。

最後に、私と同じように捻挫に悩むみなさん、
特に大事な試合を控えている方、ただ湿布をして、
固定しているだけではプラスになることは何もないでしょう。

是非、先生の施術を受けてみてください。



本当に試合までに完治してよかったです。
R君のすばらしいアタック、この目でしっかりと見させてもらいましたよ。
本当に1週間前に捻挫したのが嘘のような目の覚めるようなプレーに
応援にも力が入りました。


今度は志望大学へのチャレンジ!がんばれ!





(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-27.html

2009/07/09 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

足首捻挫、わずか2回の施術で完全回復!!

   ↑  2009/06/18 (木)  カテゴリー: 捻挫
今月7日にバレーボールの練習試合でブロックの後、相手に足の上に乗られ、右足首捻挫の高校3年生のT君の施術のため、翌日の8日に出張しました。

「来週14日からインターハイ東京都予選が始まるんです!
先生、息子の高校最後の大会なんです。何とかなりますか?」

T君は1月半前に同じ足首捻挫で施術したY君のチームメイトでした。(4月30日記載記事の男の子)
以前、施術した子のお母さんの紹介で私のところに連絡をくださったとのこと。

施術前に捻挫の痛みについて説明し、痛みは必ず取れますよ、
大丈夫ですよ!と安心してもらって施術に入りました。

内出血はあったものの、腫れは昨日よりは引いたとのことだったので、
意外と軽症だと判断。しかし、見た目はまだ反対足に比べればかなり腫れていた。

まず、背骨チェックと体幹を整えた後、腰背部を施術し、右脚全体の緊張を取ってから、ふくらはぎの緊張、足首の硬いところを探しながら捻挫の一連の手法でほぼ足首の緊張は取れた。

しかし、まだ、全体的に違和感があるとのことだったが、
初回はそれで終了。

一日空けて2回目の施術。

1回目よりかなり痛み違和感がなくなり、足首の屈曲の可動も良くなったが、
アキレス腱にだけ痛みが残った。

踵の関節の○○○を疑い、踵の関節修正の手法をやってみたところ、的中!
ものの数秒で痛みが取れた!やりました!

「なんかジャンプできそうな気がする」。と言うので、ジャンプさせると本当にジャンプができました!

本人もそばで見ていたご両親も「嘘みたい!」の連発でした。

本当にすごいですね~、PSTは。

そして、14日のインターハイ予選。

1回戦、2回戦を勝ち抜いたと言うメールをもらったので私も午後から応援に駆けつけました。

そこにはY君、T君の元気な姿がありました。

とりわけ、T君は出られないと思っていた試合だっただけに本当に嬉しそうに「先生、見ていてください!3回戦も先生に治してもらった足で大暴れしますから!」って張り切ってました。

見事、3回戦も勝ち抜き、東京都ベスト64入り決定!すばらしい試合でした~。
T君、1週間前に捻挫した人とは思えないすごいジャンプ力でした!

私も声が枯れるまで声援をおくりました。

次週21日はベスト32、16を賭けての試合だとのこと。
頑張ってほしいですね!

T君たちの試合も感動しましたが、

何と言ってもあそこまで回復させてしまうPSTっていったい!?・・・

PST、すごい、すご~い!!

自分のやっている療法は世界一!を確信した試合でした!!



FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-26.html

2009/06/18 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

足首捻挫、初回の施術で両松葉外し、歩いた!

   ↑  2009/04/30 (木)  カテゴリー: 捻挫
バレーボール 高校生 男子。

6日前に練習試合中、人の足の上に着地してしまい、右足首捻挫。

足の甲も紫に腫れ上がり、内出血もあった。

足首を庇っているせいで反対側の脚全体も異常に緊張していた。

丁寧に下肢全体の緊張を取ったあと、足首の施術。

ふくらはぎ、アキレス腱周辺の緊張、足の甲の腫れも

しばらくすると取れてきた。足の甲の腫れ、紫色も少なくなり、

施術後、立ってもらい、右足に体重を乗せてもらった。



「痛くない! 大丈夫みたいです。」

「じゃ、私が支えているから、軽く足踏みしてみようか」

「はい、1,2,1,2・・」

「あ、大丈夫です」(ニコニコ)

「そのまま、少し前進してみて」

「いけそうです」

「じゃ、今日はこのくらいにしておきましょう・・・。」

その日を含め3日続けて施術。

右足はほとんど、見た目には左と変わらない位になった。

3日後には軽い練習に復帰できたとのこと。

その後、中4日空け、4回目の施術をしたあと、3日後に公式戦参加。

初回施術から10日後のことである。

回復の速さとPSTの力と彼の自己治癒力に感動!








FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-24.html

2009/04/30 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

出張施術の喜び

   ↑  2008/09/26 (金)  カテゴリー: 捻挫
昨日、片道2時間かけて出張施術に行ってきました。

さすがに片道2時間は遠かった。帰ってきたら11時。

症状は捻挫。小学5年生の野球少年、ポジションは期待のエース、ピッチャー。

見た目は大きな腫れもなく、そんなに酷い捻挫でもなさそうだった。

来週の日、月と試合で投げなければならないとのこと。

痛みがあると思いっきり投げなれないなー、

何とかしてあげなければ・・・・。

捻挫の手法の手順であっと言う間に痛みが消失。


そばにいたお母さんが息子さんに「ほんとに痛くない?」と何度も確かめていた。

「ちょっと走ってきてごらん」とお母さんが息子さんに促すと、
いきなり、部屋の中で走り出し、階段まで駆け上がっていった。

戻ってきてからもう一度、確かめたが、

「痛くないよ」

「じゃー、ピッチングの動作をやってみて」

「痛くないよ」

「じゃー、これで終わります」

こんな感じで、施術は20分くらいで終わりました。

お母さんのビックリしたような、喜んだ顔が忘れられません。

あまりにも早く終わってしまったので、
お母さんにPSTで何故、痛みが取れるか、
何故、捻座の痛みがPSTで取れるのかなど丁寧に説明させていただきました。

さすがに結果を出せた後だけに、説明も真剣に聞いていただけました。

これでまた口コミでPSTが少しでも広がるといいな・・・。

仕事の後の往復4時間、さすがに疲れましたが、
疲れ以上に痛みが取れて喜んでもらえる顔を見せてもらえるだけで、
疲れも吹っ飛びますね。

PSTが与えてくれる喜びは日々の力になりますね。

これからもがんばるぞ~。

FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-16.html

2008/09/26 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。