出張療法師の奮闘日記痛みで悩む方々を助けたい一心で毎日フットワークを生かしてがんばってます。 

このページの記事目次 (カテゴリー: 肉離れ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ふくらはぎ肉離れ、松葉杖で来院、帰りは松葉つえなしで!

   ↑  2011/10/01 (土)  カテゴリー: 肉離れ
ご自身もフラメンコをされ、また、指導もされている武田 和美さん(仮名)に施術を受けた感想お聞きしました。

<施術前の状態 >
☆いつからどのような症状でしたか。

9月10日(1回目の施術を受ける5日前)にフラメンコのためにバレエのレッスンの際に、
左ふくらはぎが肉離れになり、痛くて松葉杖で歩行していました。


☆当院来られるまでどのように対処されていましたか?

肉離れになってすぐ行った整形外科からもらった痛みど止めの薬を飲んでいました。
4日後に添え木をはずしてもらい、あとはアイスノンなどで冷やしていました。


☆その結果はどうでしたか?

まだ、踵(かかと)地面に着けて歩くことは出来ませんでしたし、
足首を曲げることも出来ませんでした。

フラメンコを踊れるようになるのは1ケ月半後になると言われました。


☆施術を受けていかがでしたか? 率直な感想をお聞かせください。

軽く触れ、揺らしていただけでしたので、「本当にこれで治るの?」と半信半疑でした。
しかし、1回目の施術後に松葉杖なしで踵を着けて歩けるようになったので驚きました。

「少し時間が経つとまた歩けなくなるのでは?」と思いましたが、
時間が経ってもちゃんと歩けていたので更に驚きました。


☆痛みや違和感はどのように変化しましたか?

左ふくらはぎがパンパンに張って硬くなっていましたが、
2回目の施術をしてもらった後は柔らかくなっていました。


☆同じ症状に悩む方々に一言お願いします。

一日も早く治したい人には、騙されたと思って一度施術を受けてもらってほしいと思います。
スポンサーサイト

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-41.html

2011/10/01 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

肉離れの腫れ、一回の施術で解消

   ↑  2008/12/14 (日)  カテゴリー: 肉離れ
今回の肉離れの施術依頼は
ふくらはぎの肉離れで2週間経っているにもかかわらず、
痛みと痺れが取れない41歳の男性。

足首周辺には内出血の血溜りが出来ていたので
受傷部位はかなり回復してきているはずと思われたが・・・・、

ふくらはぎがパンパンに張っているので何故だろうと思い、
お話を伺うと、伸縮性の包帯でかなりきつく巻いて動いたそうだ。

それが原因と判断して、念入りに緊張を取ってから、
圧痛のある部分3箇所に狙いを定めて施術していった。

それまでの痛みと痺れが嘘のようになくなってしまった!ととても喜ばれた。

「えぇー、嘘みたいだな~。歩ける!すごいな~、嬉しいですね。
さっきまで思うように歩けなかったのに・・・!」

すいすい歩く依頼者の姿を目の当たりにして、
施術したわたしも正直、ここまで回復するとは・・・・!

個人差、肉離れの程度の差は確かにあるが、

無痛ゆらし療法では肉離れは本当に常識では考えれない早さで回復していく。

しかし、これも本来人間の持つ自己治癒力に他ならない。

我々はその治癒力を最大限に引き出しているだけに過ぎないのである。

そのノウハウがあるかどうかである。






FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-20.html

2008/12/14 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

肉離れ~ギブス固定は不要

   ↑  2008/10/26 (日)  カテゴリー: 肉離れ
今週初めに2週間も松葉杖状態で歩けないという女性の
ふくらはぎの肉離れの一回目の施術をした・・・。

せっかく痛みが取れ、仕事も楽に出来たとの
お返事を頂いていたのも束の間・・・・。

またSOSの連絡を受け、2度目の出張!

何故、痛みが再発したのか・・・・。

その理由が・・・・、

なんと、2週間ぶりに受傷直後に行った整形外科を再受診して・・・・。

その方はだいぶ痛みが楽になり、歩けるようになったので
医者からの「良くなったね」とのお墨付きをもらいに
行ったつもりだったようだ。


しかし・・・、

その整形外科医に受傷部位を押され・・・・、

整形外科医:「痛いですか?」

女性:「い、痛いです!」


整形外科医:「まだ、駄目だね~、あと2週間はギブスをはめていなさい!」

・・・と言われ、昨晩、ギブスをはめたまま寝たとの事。

すると、その日の夜中に足がつって今朝また痛みが再発、また歩けなくなったとのこと。

足首を伸ばしたままの固定ではふくらはぎは常に縮みぱなし。
攣ってしまうのは当然であろう。
何故、寝ているときまでギブスをはめたままにしている必要があったのだろうか・・・。

患者は医者の言葉を信じるしかないのに・・・。
細かい指導までしていないのだろうか・・・。


痛みを出さないためにつけたはずのギブス固定が裏目に・・・。

ギブスの意味は何?痛みを出さないためではないの?

患者の主張、希望は二の次で
医者本位の一方的な治療になっていないのだろうか・・・・???

ギブスが必要かどうかは、そのひとの生活習慣も考えて
使用する、しないを判断すべきではないだろうか?
十把一絡げに「肉離れ=ギブス固定」をしている整形外科医が多いのでは?

そんなことを考えながら、その方のご自宅まで向かった。


施術開始、ふくらはぎを触ってみるとすぐ、前回の痛みとは違う
筋緊張の痛みだろうと察しがついたので、
案の定、緊張痛を取る手法のみで痛みはものの数分で取れた。


今日は体全体の緊張を取る施術をし、
特に疲労の溜まっている股関節回りを重点的に行い、
その後は、歩行練習に専念した。


PSTではギブスは使わないほうがよいと考えている。
現実に、最低でもたった一回の施術で踵をつけて立つことができる。

ギブスで固定してしまうと筋肉が動かせない。
それだけ筋力の低下につながる。

筋力を落とすのは簡単だが、元に戻すのはそう簡単ではない。

整形外科では固定し、安静にさせることで自然治癒を待つだけだ。

確かに、治癒はする。

しかし、回復が遅れる。

リハビリにも長い期間が必要となってしまう。

日常生活も不便。

メリットが見当たらない。


しかし、PSTには施術により受傷部位をくっつけ、
早く歩行できるようにするノウハウがある。

短期間で歩けるようになり、筋力低下もおこらないので、回復も早い。

当然、日常生活復帰も早くなるというメリットがある。


整形外科を選ぶか、

PSTを選ぶか・・・。

どちらを選ぶかは施術を受けた人が一番体験的に理解できるだろう。


人間の自己治癒力はすばらしい。

今日もその手助けが出来た喜びで一日を終えられることに感謝!

肉離れの早期改善を実現します!「シャローム療法院やすらぎ」

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-18.html

2008/10/26 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

前日の肉離れ1回の施術で痛み消失

   ↑  2008/07/22 (火)  カテゴリー: 肉離れ
昨日、サッカーの試合中に左大腿前面に

蹴飛ばされたような痛みが走ったとのことで

出張依頼をうけた。

小学5年生の男の子。受傷後、翌日の施術であった。

今朝はまだ膝を曲げると痛みが強く出るとのことであった。

施術前、軽い膝の屈伸運動で痛みが出ていた。

深く曲げると受傷部位に強い痛みが確認できた。

うつ伏せで腿裏を触診すると右に較べて異常に緊張していることが確認できた。

まず、念入りに腿裏の固く棒のようになった筋肉の緊張を取り、

その後、仰向けになってもらい、左腿前筋の受傷部位を特定するために軽く触診。

受傷部位は固くなっており、軽く触れるだけで痛みを訴えていた。

肉離れは痛みの発信源が見つけやすいだけに施術が的確であれば

ほぼ100%に近い状態で痛みを軽減させられる。

私は丁寧に受傷部位周辺の緊張を取っていき、痛みの中心を見つけ、肉離れの手法である

○○法を試みた。一回目の○○法で痛みは50%ほど軽減された。

膝を伸ばしている状態では痛みはほとんどないが、

膝を90度くらいに曲げると痛みが出はじめた。

その状態で○○法を施していくと、痛みが和らいでいるのが表情で確認できた。

さらに膝を深く曲げ、痛みの状況を確認すると、痛みは感じないとのこと。

最終的には踵がお尻につく位置になっても、痛みが出なくなったところで

本日の施術は終了。

本人も痛みがほぼなくなって笑顔がこぼれていた。

そばで見ておられたお母様が「すごいですね。

今朝まで痛いと言っていたのに・・・。嘘みたいですね。」と目を丸くされていた。

「すご~い、あんなにさっきまで痛がっていたのに、○○、本当に痛くないの?」

(○○君、)「痛くないよ!」

私「良かった、良かった。今日一晩寝ればさらに楽になりますよ。明日の練習は様子を見ながら、

痛みと相談しながら、痛みがなければ軽めの運動からはじめてくださいね。」ということで

本日の出張施術終了!



無痛ゆらしでは肉離れも松葉杖をついていた人が

1回の施術で歩行できる状態まで回復することは珍しくない。

今日のこの少年も1回でもも上げ、屈伸をしても痛みが出ない状態になった。


肉離れを起こすと運動再開まで通常2週間は掛かる。

肉離れの受傷の度合いによっても様々だが、無痛ゆらし療法の施術では

短期間である程度運動できる状態に改善させることが可能だ。


将来、「無痛ゆらし療法」がアスリートたちにとって、

なくてはならない存在になるのも時間の問題だろう・・・。

そうなることを夢見て、明日もフットワークを生かして頑張ります!

 肉離れの早期改善を実現します!出張専門「シャローム療法院やすらぎ」

FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-14.html

2008/07/22 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

ふくらはぎの肉離れ、2回目の施術で階段上った!

   ↑  2008/05/07 (水)  カテゴリー: 肉離れ
5日前にゴルフのプレー中、移動の際に
急に走ったときにボールをぶつけられたような衝撃があり、
すぐ、病院へ行って、レントゲンを撮ったとのこと。

骨には異常なし。

右ふくらはぎの肉離れとの診断。

「病院に行ったけど、しばらく安静にしているようにとシップを貼ってくれただけで・・・、」

「4日間、動かないようにしていたけれども全く歩けなくて・・・、」

「連休明けの仕事には出勤したいのですが・・・」

と、出張依頼の連絡が来ました。

1回目の一昨日、一連の施術後、
踵をついても痛みなく立つくことができたので
歩く動作をしてもらったが・・・・、

一度目の施術では十分でなかったのか、
一瞬痛みが走ったとのことだったのでもう一度、
○○法でふくらはぎの緊張を取るところからはじめてみた。

一度目は傷の深さに対して○○が適当でなかったのかもしれないと判断し、
今度は浅い部分に焦点を当て○○してみた。

また、受傷部位と思われる部位(回りより少し固い感触があった。)に
狙いを絞って少し長めに○○してみた。

その結果、今度は歩いても痛みが出ない。
(やったぁ!大成功、と心の中で思わず叫ぶ。)

しかし、4日間、足を着かないでいたせいか、
痛みに対する恐怖心からか、
なかなかスムーズに足が前に出ない。

でも、何とか踵をつけて歩くことが出来た。
1回目はここまで。

施術2回目の昨日は、一通り昨日と同じ工程で施術し、
立った状態でのふくらはぎの張りが強かったので
立った状態での○○法と○○を行った。

その後、今日は歩き方の指導に時間をかけ、
体重を乗せて歩けるところまで
こぎつけることが出来た。

体重を乗せても大丈夫だという安心感を持ってもらうため
いろいろ工夫しながら、励ましながら、やらせていただいた。

(A:私 K:お客さん)
A:「ちょっと右側に体重を乗せてみましょうか」

K:「怖いなぁ・・・・」

A:「大丈夫ですよ、痛みが出たら、また、はじめから施術しますから、思い切って」

A:「ほら、乗れましたよね?」

K:「あっ、痛くないですね(ニコニコ顔)」

A:「これで、大丈夫ですよね、では、その場で足踏みしてみましょう。イチ、ニー、イチ、ニー」

A:「あ、出来ましたね、それではそのままゆっくり歩幅は小さくていいですから前に進んでみてください。」
A:「あー、いいですねー、だいぶ自然に歩けるようになってきましたね。その調子です。」

K:「だいぶ、慣れてきたみたいです。」(引けていた腰もまっすぐになりました。恐怖心は取れたようでした)
A:「それだけ歩ければ、階段も上れるかもしれませんね、ちょっと上ってみますか?」

K:「試しにやってみます」
K:一段目「あ、なんかいけそうですね。二段目「大丈夫みたいです。」
→そのまま2階まで上っていってしまいました。(施術した私もこれにはびっくり!)

正直、ここまで回復するとは思っていなかった。

PSTのすごさに改めて感動!

FC2スレッドテーマ : 心と身体 (ジャンル : 心と身体

(記事編集) http://shige719.blog62.fc2.com/blog-entry-12.html

2008/05/07 | Comment (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。